受験対策の方法と秘訣を解説

■正しい受験対策の方法がわかります!
>> 勉強の説明書〜【合格保証付】正しい勉強法を身につける方法

当サイトでは、受験対策のやり方を「脳科学の観点から」解説しています。

最近では小学校のお受験が増えていますし、中学・高校受験に励んでいる人もたくさんいることでしょう。また大学センター試験などの大学入試の準備に追われている人もいるかと思います。

そのほか社会人だと、独立のためや、就職・転職を有利にするために、また趣味として、各種資格試験や検定の受験対策を考えている人もいることでしょう。これから勉強を始める人もいれば、今まさに取り組んでいて、もっといい学習方法はないものか模索している人もいることでしょう。

このサイトでは、管理人が長期にわたって研究してきた脳科学の粋を集めて、効果的な受験対策の方法と、能率的な勉強法を書き綴っています。

当サイトは、どのような形態の受験勉強であっても、通用するような普遍的なやり方を解説しています。今、お子さんが小学生で入試を目指している場合であっても、そして、あなたが中学生や高校生で受験を目標にしている場合であっても通用する「勉強の原則論」です。

もちろん大学受験や資格取得、英検、TOEFL、TOEICなどを目指している人にも当てはまる方法です。一言で資格取得といっても、看護学校を目指している女性もいるでしょうし、ケアマネージャーや介護福祉士、社会福祉士、簿記、一級建築士、不動産鑑定士、ITパスポートなどの取得を目標に頑張っている人もいることでしょう。

 


受験対策の学習は学校の勉強とは違って、試験の合格という最終目標を実現するために、そこから逆算していく必要があります。つまり当面の試験を突破しさえすればいいのであって、試験に出題される範囲だけを勉強すればよいのです。

また、残された時間が2年なのか1年なのか、それともすでに1年を切っているのか、半年しかないのか・・・そのような状況によっても、受験対策の勉強内容は異なってきます。

時間が十分にあるならば、基礎からみっちり学習して土台をしっかりと作り、その上に過去問や模試の実践という「応用」を積み上げていくことが理想でしょう。

しかし期限が迫っているならば、実戦中心の学習しかありません。テキストや教科書を読んでいる暇がないなら、いきなり過去問から取り組むこともアリだと思います。その際は、過去問を解くのではなく「読む」ようにすると、スムーズに学習が進んでいきます。

その意味では、時間がない人は、過去の問題の下に解答が掲載されているようなタイプの問題集を選ぶとよいでしょう。

 


受験対策は、ただ「勉強面」のみに注意を注いでいると失敗します。
なぜなら試験合格への日々は、生活すべてにわたる「トータルな対策」が必要とされるからです。

勉強ばかりに気持ちがいっていると、ストレスがたまります。そのため息抜きとしての「趣味」を持つことが大切になります。いくら勉強が忙しいからと言って、睡眠を削っていては体を壊すし、記憶も脳に定着できません。そこで睡眠をしっかりとることも重要になります。

そのほか食事内容(栄養面)や食べ方、そして生活に運動を取り入れるということも、受験においては欠かせない大切な要素になります。

もちろん、それらはすべて「明晰な頭脳」を保ち、さらに脳力を向上させるためです。

 


高校受験であれ大学受験であれ、各種の資格試験であれ、すべては十分な準備期間と、段階を踏んだ学習、そして模試(模擬試験)によって場馴れしていくことによって、必ず勝ち取れるものです。気持ちを落ち着けて冷静になり、「やることをやるだけ」です。余計な緊張感や不安感はいりません。まずは肩の力を抜いてリラックスすることが大切です。

一浪や二浪を経験している浪人生のかたは、時間が有り余っていると思いますが、1日を有効に過ごすための効果的な時間の使い方も解説しています。

そのほか当サイトでは脳科学の見地から、やる気やモチベーションを上げる方法、集中力や記憶力、思考力を高める方法、効果的な勉強の進め方、最高の記憶術などをご紹介しています。またコンテンツ以外でも、役立つ教材をご紹介しているので、それらも参考にされてください。

当サイトのコンテンツを契機にして、最短距離で試験の合格を勝ち取っていただければ幸いです。

 


■正しい受験対策の方法がわかります!
>> 勉強の説明書〜【合格保証付】正しい勉強法を身につける方法

 



【補足】
受験対策の準備は、できるだけ早めの方が得策です。大学受験なら、高1から意識するほうが落ち着いて勉強に取り組めます。遅くても高2から始めると有利になります。受験対策には専門学校や大学院入試もあります。都立や私立の高校、中高一貫校、慶応幼稚舎、東工大の対策方法を探している人もいたりします。また大学入試の小論文対策、あるいは数学や国語、理科、社会科、英語などの語学といった、特定の教科の学習方法や対策法を知りたいというかたもいることでしょう。また学力試験というよりも、AO入試や面接の対策を探している人もいたりします。
食事で受験対策というと、普段の食事内容のほか、試験当日にどのような食事をとるかが大切になります。朝食ではかならず糖質の多いもの(ブドウ糖)を摂取し、脳に栄養を送りましょう。また昼のお弁当は、脂っこいものを避け、やはり糖質主体のものにすべきです。そして、昼食はあまり食べ過ぎないことです。満腹になると頭が働かなくなるので、腹八分目以下にすべきです。それとともに、よく噛むことによって脳が活性化するので、試験当日は炭水化物主体のものを少なめにして、よく噛んで食べましょう!
資格取得には、宅地建物取扱主任者や薬剤師国家試験、秘書検定、教員採用試験、弁理士、調理師、電検、通訳、公認会計士など、本当に数限りなくあります。本屋にいけば、ずらっといろいろな種類の資格試験の参考書や過去問、赤本が所狭しと並んでいます。私は本屋に行くたびに、それらを手に取っています。
受験対策は、しょせんは理解と記憶、そしてアウトプットの戦いです。そのカギを握るのは、脳です。脳の仕組みや働きを熟知することによって、「今まさに脳内で起こっていること」を把握できるようになります。当サイトには、そのための知識が満載です。



【オススメサイト】学習方法のコツ
勉強のやり方がわかれば、あとは実行あるのみ。効果的な勉強の仕方を知って、試験の合格を勝ち取る方法とは?