受験対策と試験の合格!TOP > 頭を鍛える方法とは?〜これで頭が良くなる!

頭を鍛える方法を知って、脳をバージョンアップ!

■正しい受験対策の方法がわかります!
>> 勉強の説明書〜【合格保証付】正しい勉強法を身につける方法

頭を鍛える方法を取り入れることによって、今よりも、もっとスムーズに記憶できるし、テキストや教科書をスピーディーに理解できるようになります。

頭の回転が速くなれば、しぜんと速読や速聴も可能になり、勉強時間の短縮につながります。そうすると本来なら1年でようやくマスターできるところを、半年や3か月で身につけるといった芸当も可能になります。

頭を鍛えるさいには、脳の構造をよく理解しておくと、さらに効果的です。脳トレによって一体、脳のどこをトレーニングするのでしょうか?それは以下の部分です。
  • 前頭葉
  • 海馬
  • 右脳

通常、頭を鍛えるといった場合は、上記の3か所を指します。とくに重要な箇所が前頭葉です。前頭前野のワーキングメモリが特に大切です。

名前からもわかるように前頭前野は脳の前方にあります。
この部分は思考の中枢であり、判断力や記憶力、集中力、洞察力、読解力などを司ります。また他者とのコミュニケーションにおいても重要な部位となります。

勉強にやる気が出ないという人は、この部分が鈍っていて、扁桃体の嵐をまともに受けているといえます。受験対策においては、用意周到な計画を立てることが重要ですが、前頭葉は計画的に物事を進めたり、自分の感情を制御するさいに大切になります。

頭を鍛えるというと、記憶力も欠かせません。
「記憶は海馬が担当してるんじゃないの?」と思った方がいるかもしれません。しかし、まずは前頭葉のワーキングメモリを通過する必要があります。ここの容量が少ないと、通過できる量も少ないため、記憶力が低くなります。

反対に前頭葉を活性化して、ワーキングメモリの容量を増やせば、より多くの情報が通過できるので、スムーズに海馬へと情報を送り込むことができます。

頭を鍛えるトレーニング(訓練)では、右脳も見逃せません。
右脳の働きを簡単に言ってしまえば、「言語機能以外」です。しゃべったり、聴き取ったり、読んで理解したりという機能は、すべて左脳にあるからです。

右脳を鍛えるには、左手をよく使ったり、音楽を聴いたりする方法が知られています。ただし右脳といっても、大切なのは前頭葉です。つまり前頭葉の右側です。

このように頭を鍛える部位は大きく分けて3つあります。そのトレーニング方法としては、音読をしたり、ガムを噛んだり(咀嚼)、指先を使ったり、有酸素運動をしたりということが有効です。

もちろん日々の受験勉強自体が、最大の脳トレ。それとともに、その基盤としての脳力をバージョンアップさせるための努力も、怠らないようにしましょう!


> 記憶術日本一を勝ち取った驚異の記憶術とは? <


右脳を鍛える方法とトレーニングとは?

右脳を鍛えることは、受験対策において忘れてはいけないポイントです。中学受験や高校受験、そして難関の大学入試を目指す学習においては、言語ばかりに接することになります。そのうえ...

効率のよい記憶の方法とは?〜これで英単語や歴史の年号も大丈夫!

記憶の方法には、ちょっとしたコツがあります。赤字をシートで隠して覚えようとしているのに、全然記憶できない・・・という人も多いのではないでしょうか?実は人間は忘れっぽい動...

記憶力を高める方法って?〜記憶術や暗記法ではない、脳バージョンアップ法

記憶力を高めることができれば、受験対策もずいぶん楽になります。そんなことは可能なのでしょうか?結論からいえば可能です。ふつう何かを覚えたいというとき、語呂合わせとかイメ...

左脳の働きと役割とは?〜右脳と連動させて鍛えることがコツ

受験対策や効果的な勉強法というと、どうしても右脳ばかりに注目しがちです。右脳勉強法とか、よく聞きますよね。しかし、それは本末転倒です。左脳の働きを知れば、いかに左脳というも...

頭がよくなる方法とは?〜音や食べ物、サプリなど、いろいろあるけれど・・・

頭がよくなる方法がもしあれば、受験対策の一環として取り入れないのは、もったいないですよね?頭をよくするということは、パソコンでいえばCPUやメモリの性能をアップさせるような...